草竹コンクリートの上水道用 Ⅰ 環境にやさしい無機材・コンクリートを素材とした、草竹式ボックス。優れた構造と機能で、ライフラインを支えます。

草竹式上水道用ボックスの特徴 豊富な品揃えで、施工・維持管理など利便性を高めます

種別 品名/材質 設置場所

無機材コンクリート製

コンクリートで、水道配水管の地下式付属機器を守ります。 安全・ライフライン・暮らしを支える土木構造物の大半は、地球環境に優しいコンクリート製。
その自重を活かしたコンクリート製ボックスが1959年来、各地で付属機器の消火栓・空気弁・仕切弁などの保護に活躍しています。 リサイクルに向いています。 コンクリートを始として、各材料はリサイクルできて、環境への負担が少ない循環型社会の構築に貢献します。

鉄蓋の高機能性

テーパー受けと平面受けを併用しています。 NC加工による鉄蓋と蓋受枠の嵌合精度は極めて高く、両受け部が荷重を分散支持して、蓋受枠との間でガタツキや摩耗が起りません。 円形鉄蓋には、回転・浮上防止機構を付加しています。 D16・20・24・32蓋付枠は、内蔵する凹凸嵌合機構が、鉄蓋の開閉時のガイドや位置ずれ防止に役立ちます。 機器の使用・点検・維持など、利便性に配慮しています。 既往の勾配受け製品に見られる、鉄蓋の食い込みは起りません。蓋受枠の平面受け部が荷重を分散支持して、鉄蓋の開閉が極めて容易に行えます。
専用の蓋開閉器があります。ご使用いただければ、開閉作業が簡便に行えます。

ハイブリッド構造

蓋付枠は、鋳物とコンクリートを複合一体化しています。 鋳物部材は、引張り強度・耐摩耗・耐蝕・靱性に優れたダグタイル鋳鉄製です(FCD600~700)。
アンカー方式によるコンクリート部材との固定は強固で、蓋付枠としての一体性は完璧です。 ボックス全体が、安定します。 頑丈な蓋付枠は、下部コンクリートボックスとの接合性にも優れています。
従って、既往の鋳鉄製単体蓋付枠に見られる、枠自体の横ずれやガタツキが起らない、車両総重量25トン(T-25)に対して安全なボックスを形成します。

カラーデザイン

消火栓用は、黄色でカラー標示しています。 消火栓用蓋受枠の表面は、「黄色」の着色、「駐車禁止」の文字表示で、ドライバーに注意喚起します(道交法で「消火栓」周囲は駐車禁止の場所)。 視認性に、優れています。 仕切弁用の蓋付枠にも、弁の用途に応じてご希望のカラー標示が行えます。
これらのカラー標示で、消火栓や仕切弁の所在を容易に視認できて、消防活動や弁・栓の維持管理が円滑に行えます。 自由に、アートできます。 鉄蓋、蓋受枠の表面には、ご希望の色彩やオリジナルデザインによるカラー標示が自由に行えて、路面に美観を添えられます。

コンパクトプレハブ化

ボックス高さは、自在です。 プレハブ式で、各ブロックの取扱いは簡便、設置場所に応じた実用的な使用が行えます。
ボックスの組立ては、各種Bブロックの組合せで、5㎜毎の高さと、上面(路面)勾配に合わせる調整が行えます。 しっかり、支えます。 沈下に対する抵抗が増大します。最下部に使用するスラブがボックス全体を支持して、安定を保ちます。

 

消火栓用・空気弁用・仕切弁用ボックス

ページトップへもどる