草竹コンクリート工業の一般製品・JIS品 街角のさりげない風景をつくりだし、フレキシブルな使い勝手にあふれた製品群。

  • CADデータダウンロードはこちら
  • 製品カタログ(PDF)ダウンロードはこちら

U形 ふた U形 本体 U形 ソケット付 U形 片厚

境界ブロック 本体 境界ブロック 水平 切下げ  L形側溝  曲線用Rブロック

エプロン V形溝 マンホール その他

上ぶた式
U形側溝
ふ た

製品の説明

上ぶた式
U形側溝
本 体

製品の説明

ソケット付
鉄筋コンクリートU形
 

製品の説明

片 厚
鉄筋コンクリートU形
 

製品の説明

境界ブロック
本 体
 

製品の説明

境界ブロック
水平/切下げ
 

製品の説明

L形側溝
下 り・ 中
 

製品の説明

境界・L形
曲線用
Rブロック

製品の説明

エプロン
49×100・50
 

製品の説明

V形溝
45・50×60
 

製品の説明

マンホール
マンホール側塊
 

製品の説明

その他/大型U・ピン
エアコン台・畦ブロック
平板・境界杭

製品の説明

上ぶた式U形側溝 ふた

1種150 2種300

【規格適合】
JIS A 5372 プレキャスト鉄筋コンクリート製品
附属書E 路面排水溝類 推奨仕様E-2
【用途】
1種…主として歩道に設置するもの。
2種…車道に平行して設置するもの。
        車両(後輪一輪32KN以下)の隣接走行がまれ(あっても低速走行)な場所。

【形状・寸法】

種類 呼び 寸法(mm) 重量(kg)
B b b1 T T1 T2 L
1種 150 210 75 35 35 30 5 15 600 10
180 250 40 40 35 14
240 330 90 50 45 40 20
300 400 100 55 60 50 10 32
360 460 120 65 55 18 41
450 560 60 70 60 54
600 740 150 75 75 65 77
2種 150 210 75 35 90 80 10 15 600 26
180 250 40 31
240 330 90 50 100 85 15 44
300 400 100 55 54
360 460 120 18 63
450 560 60 120 100 20 92
600 740 150 75 150 130 153

注)水抜き用切欠き(手掛け)は、省くことができます。

上ぶた式U形側溝 本体

1種300B 1種150

【規格適合】
JIS A 5372 プレキャスト鉄筋コンクリート製品
附属書E 路面排水溝類 推奨仕様E-2
【用途】
1種…主として歩道に設置するもの。        
許容荷重が10KN/m2で、大型のU形800(JIS外品)もあります。
本U形側溝と接続して内流水を排水する、U形会所(KU)もあります。

【形状・寸法】

種類 呼び 寸法(mm) 重量(kg) ピンサイズ
a b c d e f g r L
1種 100 100 90 100 25 30 30 110 20 600 14 ピン12
150 150 140 150 30 35 35 160 30 24
180 180 170 180 35 40 40 190 50 34
240 240 220 240 45 50 50 240 55 ピン18
300A 300 260 50 60 60 300 70
300B 300 79
300C 360 65 92
360A 360 310 300 65 360 90
360B 360 100
450 450 400 450 55 70 70 430 70 134 ピン24
600 600 540 600 70 80 80 600 209

注)呼び100は、JIS外品。

ソケット付鉄筋コンクリートU形

ソケット付U300 滑り止めU300

【規格適合】
法面の縦排水溝として使用します。
ソケットを上側に向け、滑り止めを5個に1個の割合に介在させて設置します。

【形状・寸法】

品名 代表寸法(mm)
幅×高さ×長さ
(水路部寸法)
ソケット寸法(mm) 滑り止め寸法(mm) 重量(kg)
内幅 厚み 深さ 厚み 高さ ソケット付き 滑り止め
As Ds Ls S Gs 2f
ソケット付
U形
180 180×180×600 266 22 45 35 174 80 36 38
240 240×240×600 348 26 50 40 220 100 59 62
300 300×300×600 420 30 50 45 276 120 85 91
360 360×360×600 480 35 55 50 334 130 109 116
450 450×450×600 580 40 60 50 402 140 147 157

注)本体部の形状・寸法は、上ぶた式U形側溝本体に準じます。

片厚鉄筋コンクリートU形

片厚U300

【用途】
車道に平行し、分厚い側壁を車道側にして設置します。
車両荷重,後輪一輪32KN以下で使用できます。

【形状・寸法】

品名 寸法(mm) 重量
(kg)
ピンサイズ
a b c d d1 e e1 f g r L
片厚
U形
150 150 140 150 35 50 40 55 55 180 30 1000 61 ピン12
180 180 170 180 40 55 45 60 60 210 50 1000 80
240 240 220 240 45 65 50 80 70 270 50 600 74 ピン18
300 300 260 300 50 70 60 100 80 340 50 600 105
450 450 400 450 55 75 70 110 90 470 70 600 167 ピン24
600 600 540 600 70 85 80 135 100 650 70 600 258

ページトップへもどる

境界ブロック/本体

【規格適合】
JIS A 5371 プレキャスト無筋コンクリート製品注)
附属書B 舗装・境界ブロック類 推奨仕様B-2
【用途】
片面歩車道境界ブロック…段差のある歩車道境界(マウントアップ型)に用いるもの。
両面歩車道境界ブロック…段差のない歩車道境界(セミフラット型)に用いるもの。
地先境界ブロック…主として、歩道と民地の境界に用いるもの。

【形状・寸法】

種類 呼び 寸法(mm) 重量
(kg)
a b h r L
片面歩車道
境界ブロック
A 150 170 200 20 600 44
B 180 205 250 30 66
C 210 300 80
両面歩車道
境界ブロック
A 150 190 200 20 600 46
B 180 230 250 30 70
C 240 300 86
H35 250 350 103
H40 230 400 112
地先境界
ブロック
A 120 120 120 --- 600 20
B 150 150 25
C 150 31
E 100 100 200 20 28

注)両面歩車道H35・H40、地先E及び以下■印の各製品 は、JIS外品。

【表面加工】
製品表面に天然石が露出した、「天石」ブロックも有ります。

地先A天石1面

地先A天石2面

片面歩車道A天石

両面歩車道C天石

■ 両面歩車道A 長尺

■ 片面歩車道水抜

品名 寸法(mm) 重量
(kg)
a b h h1 h2 h3 L L1 L2 r
片面歩車道 A水抜 150 170 200 100 --- 100 600 125 350 20 31
B水抜 180 205 250 120 10 120 100 400 30 44
C水抜 210 300 150 20 130 33

■ 両面歩車道水抜

品名 寸法(mm) 重量
(kg)
a b h h1 h2 L L1 L2 r
両面歩車道 A水抜 150 190 200 110 90 600 145 310 20 66
B水抜 180 230 250 130 120 30 51
C水抜 240 300 160 140 143 314 62
H35水抜 250 350 200 150 140 320 72
H40水抜 230 400 220 180 81

■ 両面歩車道エッジ

品名 寸法(mm) 重量
(kg)
a b h L L1 L2 r1 r2
両面歩車道 Aエッジ 150 190 200 610 525 85 20 95 43
Bエッジ 180 230 250 500 110 30 115 63
Cエッジ 240 300 620 485 135 120 78
H35エッジ 250 350 635 475 160 125 93
H40エッジ 230 400 450 185 115 99

種類 寸法(mm)
H h h1
A 150 200 50
B 200 250
C 230 300 70
H35 250 350 100
H40 300 400

■ その他

□ 車両乗入れ部境界用

□ UR(都市再生機構)型

境界ブロック/水平・切下げ

【用途】
水平ブロック…歩道巻込み部や駐車場など、人や車両が歩道と車道間を往来する歩車道境界部に使用し、歩道と車道間に段差を設けます(以下、水平区間)。
バリヤフリー用の段差2cm、車両乗入れ用の段差5cmがあります。
切下げブロック…境界ブロック本体(片面歩車道・両面歩車道)による歩車道境界部(以下、標準区間)と、上記水平区間を結ぶために使用します(以下、切下げ区間)。
標準区間と水平区間の形態に対応して、複数種類のブロックがあります。
【組合せ要領】
水平及び切下げ区間用ブロックの組合せ要領は、説明図に示しています。

【形状・寸法】

■ 水平ブロック/水平区間用/車道と歩道の段差2cm

□ 片面水平差2cm…片面歩車道用

品名 寸法(mm)
a b 重量
(kg)
片面A水平差2cm 165 170 26
片面B水平差2cm 200 205 32
片面C水平差2cm 205 210 32

□ 両面水平差2cm…両面歩車道用

品名 寸法(mm)
a b 重量(kg)
両面A水平差2cm 178 190 29
両面B水平差2cm 218 230 35
両面C水平差2cm 228 240 37

■ 水平ブロック/水平区間用/車道と歩道の段差5cm

□ 片面水平差5cm…片面歩車道用

品名 寸法(mm) 重量
(kg)
a b
片面A水平差5cm 145 170 24
片面B水平差5cm 180 205 28
片面C水平差5cm 185 210 30

□ 両面水平差5cm…両面歩車道用

品名 寸法(mm) 重量
(kg)
a b
両面A水平差5cm 175 190 26
両面B水平差5cm 215 230 32
両面C水平差5cm 225 240 33

■ 水平ブロック/水平区間用/自治体型

□ 水平建H10 150/160(国交省型)
段差5cm…両面歩車道A用

□ 水平建H10(国交省型)
段差5cm…片面歩車道B・両面歩車道A・B・C用

□ 乗入1タイプ8×49(福岡市型)
段差2cm…両面歩車道A用

□ 乗入2タイプ10×49(福岡市型)
段差5cm…両面歩車道A用

■ 切下げブロック/切下区間用/車道と歩道の段差2cm

□ 片面A5%右(左)下り3段水平差2cm…水平区間:片面A水平差2cm

※左下りは、対称図形

□ 片面B5%右(左)下り4段水平差2cm…水平区間:片面B水平差2cm

※左下りは、対称図形

□ 片面C5%右(左)下り5段水平差2cm…水平区間:片面C水平差2cm

※左下りは、対称図形

□ 両面A右(左)下水平差2cm
水平区間:両面A水平差2cm

□ 両面B右(左)下水平差2cm
水平区間:両面B水平差2cm

□ 両面C右(左)下水平差2cm
水平区間:両面C水平差2cm

※左下りは、対称図形

■ 切下げブロック/切下区間用/車道と歩道の段差5cm

□ 片面A右(左)下り1段水平差5cm
…水平区間:片面A水平差5cm

※左下りは、対称図形

□ 片面A右(左)下り2段水平差5cm
…水平区間:片面A水平差5cm

□ 片面A5%右(左)下り2段水平差5cm…水平区間:片面A水平差5cm

※左下りは、対称図形

□ 片面B右(左)下り1段水平差5cm…水平区間:片面B水平差5cm

※左下りは、対称図形

□ 片面B5%右(左)下り3段水平差5cm…水平区間:片面B水平差5cm

※左下りは、対称図形

□ 片面C右(左)下り1段水平差5cm…水平区間:片面C水平差5cm

※左下りは、対称図形

□ 片面C右(左)下り4段水平差5cm…水平区間:片面C水平差5cm

※左下りは、対称図形

□ 片面C5%右(左)下り4段水平差5cm…水平区間:片面C水平差5cm

※左下りは、対称図形

□ 両面A右(左)下水平差5cm
水平区間:両面A水平差5cm

□ 両面B右(左)下水平差5cm
水平区間:両面B水平差5cm

□ 両面C右(左)下水平差5cm
水平区間:両面C水平差5cm

※左下りは、対称図形

■ 切下げブロック/切下区間用/自治体型

□ 片面B右(左)下建斜型A
…水平区間:水平建H10(国交省型)段差5cm

※左下りは、対称図形

□ 片面B2段建右(左)下
 …水平区間:水平建H10(国交省型)段差5cm

□ 両面A下り水建10…水平区間:水平建H10 150/160・水平建H10(国交省型)段差5cm

□ 両面B・C下り水建10…水平区間:水平建H10(国交省型)段差5cm 段差5cm

B下り

C下り

□ 両面A乗入1タイプ切下右(左)…水平区間:乗入1タイプ8×49(福岡市型) 段差2cm

※左下りは、対称図形

□ 両面A乗入2タイプ切下右(左)…水平区間:乗入2タイプ10×49(福岡市型) 段差5cm

※左下りは、対称図形

L形側溝

L形300中 L形300

【規格適合】
JIS A 5372 プレキャスト鉄筋コンクリート製品
附属書E 路面排水溝類 推奨仕様E-4
【用途】
1種…幅員の狭い道路や、宅地内道路の排水溝用で、主として、100mm以下のマウントアップ形に用います。
「下り」及び「中」ブロックを接続して、切下げ区間と水平区間(段差5cm)を形成できます。
本L形側溝と接続して表流水を排水する、街渠ます(KGAL形)もあります。

【形状・寸法】

種類 呼び 寸法(mm) 重量
(kg)
a b c d e f g h i r L
L形側溝 1種 250A 250 100 --- 350 55 100 155 80 --- 20 600 47
250B 100 450 85 59
300 300 500 85 90 65
350 350 550 90 95 72

■ 下り・中

種類 呼び 寸法(mm) 重量
(kg)
a b h i r
L形側溝 250A 右・左下り 250 350 80 --- 20 41
37
250B 右・左下り 450 85 53
48
300 右・左下り 300 500 85 90 59
55
350 右・左下り 350 550 90 95 66
62

境界・L形 曲線用Rブロック

【用途】
歩道巻込み部や道路曲線部で、その曲線半径(R)に沿わせて設置する湾曲状のブロックです。
【特性】
ブロックの種類とR寸法が多彩で、施工現場に応じてきめの細かいカーブセティングが行えます。
ブロック自体が円分状に曲がっていて、交角90度の平面曲線部を標準として、ブロックの使用個数を定めています。
使用個数=半径(R)m×2
この法則から、半径(R)が異なっても、各ブロックの長さは、780mmと一定になっています。

L形300中 L形300

片面歩車道C外R4m

【形状・寸法】
Rブロックの種類と使用個数」に示します。

エプロン

エプロン49×50

【用途】
路面排水工としてのL形街渠排水溝を、境界ブロックを併用して形成します。側帯となるエプロン面の横断勾配は、6%です。
本エプロンと接続して表流水を排水する、街渠ます(KGAエプロン)もあります。

【形状・寸法】

 

歩車道 B a b H h1 h2 ピン
A 665 35 165 360 120 150 ピン18
B 700 40 200 410 170 200
C 705 45 205 460 220 250

ページトップへもどる

V形溝

V形溝50×60

【用途】
路面排水工として、特に広いスペースに段差が小さい排水溝を形成します。両側の路面水を集水するV形面の横断勾配は、10%です。
本V形溝と接続して表流水を排水する、街渠ます(KGAV形)もあります。

【形状・寸法】

-

マンホール

【用途】
下水暗渠の点検・清掃などの目的で、地上から地下暗渠まで人が出入りできるようにするもです。
地上路面部に「マンホール」、地下部に「マンホール側塊」を組立てて縦孔(人孔)を形成します。
マンホール
「草竹式」は、鋳鉄製のフタと枠(落し込み嵌合)がコンクリート枠上に一体化され、マンホール側塊上への設置に好適です。
「グランドマンホール」は、鋳鉄製のフタと枠(テーパ嵌合)で構成され、フタ浮上防止や防水・防臭機能が付加されています。

【形状・寸法】

※コンクリート枠底面がフラットな「草竹式鋳鉄フタ付枠平」と、
底面が凹型の「草竹式JIS型鋳鉄フタ付枠凹」もあります。

マンホール側塊
JIS A 5372 プレキャスト鉄筋コンクリート製品注)
附属書D マンホール類 推奨仕様D-1
斜壁…上部の径が下部より小さいもの,直壁…上下の径が等しいもの

【形状・寸法】

種類 呼び 寸法(mm) 重量
(kg)
a b c d e f g g' h i i' j
斜壁 600A 600 900 250 150 1100 1200 60 --- 300 50 60 30 311
600B 450 362
600C 600 415
600D 1200 1500 70 40 528
900 900 150 1200 50 --- 469
1200 1200 1500 1500 1800 80 638
直壁 900A 900 --- 150 --- 1200 --- 60 --- 300 50 50 --- 239
900B 600 366
1200A 1200 1500 70 300 319
1200B 600 516
1500A 1500 1800 80 300 405
1500B 600 685
片斜 600C 600 900 250 150 1100 1200 60 70 600 50 60 30 430
600D 1200 1500 70 80 40 560

注)片斜・斜壁6×9×5は、JIS外品。

リング
各リングは、マンホール上面を路面と面一に合わせるときの高さ調整に使用します。
コンクリート枠底面に凹部がある「草竹式鋳鉄フタ付枠凹」「草竹式JIS型鋳鉄フタ付枠凹」と、つば上面に凸部がある「斜壁6×9×5」の間に使用し、相互の凹凸嵌合で一体化を果たします。

【形状・寸法】

-

その他

■ U形800×800×2000

【用途】
U形側溝の大型ブロックです。許容荷重は10KN/m2で、大容量を処理する排水性と据付けを簡便化する施工性に優れています。
【特性】
流水断面は、JIS上ぶた式U形側溝600の1.8倍を誇っています。ブロックの据付けは、両側面中央のインサートに吊具を取付けて荷役し、両側面両端でボルト・ナットの締結によりブロックを引寄せて連結します。
止水は、継手部内面の突合わせ目地部にモルタルを充填します。

【形状・寸法】

ピン

■ ピン

【用途】
各種ピン孔付ブロック(U形側溝エプロン等)のピン孔に差込んで使用し、ブロックの据付性や一体性・安定性を高めます。
【特性】
ブロックの大きさに応じ3種類のピンを選択使用して、一連のブロックの通りや高さを自動的かつ直線状に設置でき、同時にピン中央のツバでブロック間の目地幅を一定間隔に保持します。
耐久性に優れた合成樹脂製で、半永久的な使用が可能です。
差込み時に反発がない中空構造で、テーパ部がピン孔と密着して合端面での接合強度を増し、各ブロックの沈下や横ずれを防ぎます。

【形状・寸法】

■ エアコン台

【用途】
エアコン室外機の架台として使用します。
大小2種類があり、底面側を空洞にして軽量化しています。

【形状・寸法】

エアコン台60

エアコン台75

■ 平板

【用途】

路面舗装材として、歩道や公園、場内通路などに使用します。
 

【形状・寸法】

種類 呼び 寸法(mm) 重量
(kg)
縦a 横b 厚c
普通平板
(天石平板)
300 300 300 60 12
330 330 330 60 15

■ 畦(アゼ)ブロック

【用途】

従来の土盛りによる畦に変わって、コンクリートで田圃の筆界を構築します。
 

【特性】

従来45〜60cmある畦幅が15〜20cmで済み、耕地面積が3〜5%増加します。
畦作り・畦塗り・畦除草などの作業を省け、また、小動物による畦のの崩れもなくなって労力を節減できます。
ブロック上面の滑り止めで、歩行と一輪車走行を安心して行えます。
ブロックを連続させ継手に目地モルタルを充填する工法は簡便で、自家労働で施工できます。

【形状・寸法】

品名 寸法(mm) 重量
(kg)
参考高低差(mm)
A B C D E F L
畦ブロック 400×1000 400 150 180 34 43 25 1000 56 0〜80
500×1000 500 160 200 36 42 30 71 90〜150
600×1000 600 200 38 41 30 86 160〜200
700×1000 700 230 40 45 32 103 210〜240
800×1000 800 260 50 35 119 250〜280

■ 境界杭

【用途】

官民境界・宅地境界・山林境界など土地外郭の境目を明示します。
境界線上の起点や屈曲点・会合点・長い直線部の間などに、その下部を埋込んで設置します。

【形状・寸法】

上面には境界の状態を示す、┼(プラス)・─(マイナス)・(矢)などの標示(凹み)があります。
長さや側面の文字・マークは、ご要望に応じます(別途費用が必要です)。

品名 寸法(mm) 重量(kg)
a:太さ L:長さ
9×9 ×30 90角 300 6
×45 450 9
×60 600 11
×75 750 14
12×12 ×60 120角 600 20
×75 750 25
×90 900 30
×100 1000 34

ページトップへもどる